Enjoy! Toast

モバイル赤道儀 HOMEEnjoy! TOAST新ジンバルフォークユニット

EOS 5D MarkIII専用L-ブラケット

TP-2のオプションとして大人気のジンバルフォークユニットですが、この春からセット内容がリニューアルされました。

従来は、たわみのないジンバル雲台の接続を実現するために、シンプルなクイックレバークランプが付属していましたが、新たにジンバルフォークユニットの付属クランプとして中型パンベースクランプユニットが採用されました。

シンプルなクイックレバークランプに比べ、システムとしての質量はわずかに増えますが、中型パンベースクランプユニットとジンバル雲台を組み合わせることによって、完全なフリークランプ状態を実現することができるという大きなメリットがあります。

新たなジンバルフォークユニットには、80mm長のクイックリリースプレートが付属。 これをつけたジンバル雲台を中型パンベースクランプユニットに換装したTP-2に装着する際、極軸中心からずらしバランスをシフトさせて固定します。これにより望遠レンズの三脚座をつかった南北方向の完全バランスに加え、東西方向でもフリークランプを実現することが可能になります。

フリークランプとは、搭載機材の前後左右のバランスが完全に調整された結果、クランプを緩めた状態でどの方向にレンズを向けてもピタッと止まった状態にあること。
このフリークランプを実現するメリットは、モーターの駆動トルクを最大限発揮することができるとともに、視野の狭い望遠レンズで画角中心へ容易に天体をフレーミングすることが可能になる点です。特に焦点距離の長い望遠レンズが必要な皆既月食や皆既日食の撮影では、抜群の操作性と快適なフレーミングを提供します。

新しいジンバルフォークユニットを使ってフリークランプ状態を実現するには、ひとつ重要な注意点があります。それは東西方向(TP-2の回転方向)のクランプに、ジンバル雲台のクランプを使用しないこと。

つまり、ジンバル雲台と中型パンベースクランプユニットが組み合わさった新しいジンバルフォークユニットでは、ジンバル雲台とパンベースクランプそれぞれにTP-2の極軸回転方向(東西方向)にあたるクランプが存在することになります。フリークランプ状態を実現する条件、それはTP-2の回転方向のクランプは、あくまでもパンベースクランプユニットのノブ操作でクランプすることです。誤ってジンバル雲台の根本のクランプをゆるめてしまうと、その時点でフリークランプ状態だった機材バランスは崩れ、一気に回転してしまいますので注意が必要です。

中型パンベースクランプユニットが付属する新しいジンバルフォークユニット。別々で購入するよりも圧倒的にお得なこのオプションで、さらなるスキルアップを狙って下さいね!

TOAST Online Shopにて発売中!